管更生

管更生

管更生

管路の老朽化にともない、管更生の必要性が社会的に高まっています。
管更生の施工現場は十分なスペースが確保できず、また施工期間も短いことも多いですが高密度ポリエチレン管の場合、
現場の状況に合わせた工法で管更生を実現します。

事例

老朽化した既設BOXカルバートの管更生

既設のBOXカルバートの老朽化に伴い、その更生に高密度ポリエチレン管が採用されました。短期間での施工、耐久性、コスト削減が求められる工事を行いました。

課題

課題1 施工現場が狭く、更生管を入れるスペースに制限がある
課題2 短期間での施工を求められる

ソリューション

施工現場の状況に合わせた形状に加工

ポリエチレン管はポリエチレン樹脂の特長を活かし、特殊な異形管や有孔管を後加工できるため、規格品だけでなく様々な形状に加工することができます。現場の施工性を考えた形状、長さで製造することが可能です。今回の事例では、定尺5m管での挿入が困難であることから、管の長さを1.5mで製造し施工しました。

工期の短縮、工事の小規模化で、コストダウンを実現

スリップオン(受け差し)形状で差し込んで接続できるので、簡単な作業でスピーディーに接続が行えます。また軽量なので作業効率がよく、布設機械の小型化が可能であるため、全体的なコストダウンが図れます。

その他の事例

管更生のご相談はこちら

電話でのお問い合わせ
026-257-3211
受付時間 10:00〜17:00(土日祝日休業)
メールフォームからのお問い合わせ
お問い合わせ・技術相談